公益財団法人愛知県育英会の歴史

        
明治 11年 加藤高明ら在京尾張有志により愛知社設立
明治 13年 愛育社設立(徳川義禮社長、成瀬正肥副社長)
明治 13年 上京した愛育社第一回貸資生6名のために駿河台鈴木町に寄宿舎を設置
明治 25年 小石川区竹早町に「愛知社寄宿舎」を新築
明治 37年 寄宿生の増加に伴い現在地に愛知社寄宿舎を移転新築
大正 7年 徳川義親侯爵、徳川義恕男爵、加藤高明子爵を設立者とする財団法人愛知社が文部大臣より許可される。
昭和 7年 愛知社寄宿舎を新築
昭和 13年 「愛知社創立六十年史」発刊
昭和 20年 空襲により愛知社寄宿舎全焼
昭和 21年 世田谷区上北沢町(桜上水)に愛知社寄宿舎を移転
昭和 22年 財団法人愛知県人会が東京都より認可される
昭和 27年 愛知社寄宿舎が財団法人愛知県人会の所有となる
昭和 32年 現在地に学生寮を移転新築。名称を「竹早寮」とする
昭和 34年 財団法人愛知県人会を 財団法人愛知県育英会に名称変更
昭和 36年 学生数増加に伴い寮を増設
平成 5年 竹早寮老朽化のため新寮建設委員会設置
平成 7年 新寮着工
平成 9年 新寮竣工 名称を「愛知学生会館」とする
平成 24年 東京都知事より公益法人の認定を受け、公益財団法人愛知県育英会に名称変更
平成 27年 第一次大規模修繕事業完了